起業・会社設立時から創業3年未満の社長を徹底サポート。会社設立・創業融資・助成金・税務相談・経理代行・記帳代行・決算対策をトータルで提供する、それが千代田区会社設立&開業相談センターです。

クラウド会計向けサポートプラン

クラウド会計ソフトにも積極的に対応。ベンチャー企業に相性が良いFreeeや(MF)マネーフォワード導入も積極ご支援

サポートプラン / 月額8,000円(税抜)~

サポートプランのポイント ●クラウド会計を利用しているベンチャー企業向けの税務顧問サービスです。●ソフトの使用●今月から開始でき、いつでも中止できます。

創業期にありがちなクラウド会計ソフトの

クラウド会計を導入したいがどうすればいい?なんとか自分でやってみたが、処理や仕訳が正しいか不安!自分でできることは行い、ランニングコストを低く押さえたい。仕訳などの入力が正しいか、プロの目でチェックしてほしい。節税や資金繰り、借り入れなどの相談に乗ってほしい。決算も一緒にやってもらいたい。

「マネーフォワード」や「freee」など、主要なクラウド会計ソフトを利用されている、あるいはこれから導入検討中の個人事業主やフリーランスの方、起業3年未満のベンチャー企業様に向けて開発した「新しいタイプの税務顧問サービス」です。

そんな社長の力強い味方。それが千代田区会社設立・開業相談センターのクラウド会計向けサポートプランです。このクラウド会計向けサポートプランを利用すれば・・・正確な仕訳の処理ができるようになります。ちょっとした税金や経理の相談は専門家に相談してすぐ解決できます。最新業績の分析に基づき、専門家のアドバイスを得られます。経理業務の合理化など、今後の成長にも耐えうるしくみ作りのサポートが受けられます。

当センターのクラウド会計向けサポートとは 

クラウド会計ソフトのデータ入力チェック + 顧問税理士による専門アドバイス(回数制限なし)がセットになって月額8,000円(税抜)~

基本的な入力はお客様行い、プロがお客様の処理や仕訳を確認するプラン。役割を分担することで魅力的な料金も実現。しかも、節税、資金繰り、借り入れ、赤字対策など一番相談したいことは何度でも無料で承ります。ぜひご相談ください。

税理士による相談・アドバイス内容について ご相談・アドバイス内容の例  節税のアドバイス資金繰りのアドバイス決算書に基づく経営相談金融機関からの融資借入れについてのアドバイス経理業務の合理化についてのアドバイス収益安定化のための売上アップの相談までいたします。しかも業界最安値の月額8,000円(消費税別)とご利用しやすい金額。ぜひご相談ください。

千代田区 会社設立&開業相談センタークラウド会計向けサポート6つの特長

その1困っても、即時解決できる!

「この処理ってどうすればいいの?」。そんな時はお電話で即解決。クラウド会計ソフトを利用中のお客様の操作内容や入力結果を、私たちが「リアルタイム」で確認。お客様と同じ画面を見ながらアドバイスすることができます。問題の大半はその場で解決できるのです。

その2対応クラウド会計ソフトは主要2大ソフト

マネーフォワード、freee(フリー)など安く手軽に便利なクラウドの会計サービスに完全対応。会計事務所として早期からその活用に取り組んでいます。操作を熟知している専門スタッフがお客様をサポートします。

その3創業期の企業専門の支援サービス

当プランはこれまで手軽に経理面でのサポートをプロから受けることができなかった「創業期の企業」のお客様向け専用に開発したサービス。税務・経理・会社設立などご支援する領域も幅広く、その実績もすでに1600社以上になります。

その4分析とアドバイスで業績アップ

従来の会計事務所では主に入力チェックを重視していました。
一方、このプランはデータの入力結果を「分析」して経営に役立たせる点を重視しています。業績の迅速な把握により、早期の黒字化と安定成長をサポートします。

その5「これから導入」「切替え検討」にも完全対応

「導入を検討中」あるいは「弥生会計からマネーフォワードへ切り替えたい」いずれも大歓迎。売上や支払状況から最適なクラウド会計ソフトを判定してご提案します。

その6比べて納得。とにかく安い

個人事業主・フリーランスの方には28000円~と魅力的なプライスで確定申告をサポート。「丸投げできて助かった!」と毎年100件以上のご利用を頂く当センターのヒット商品です。またご自身で設立手続きするよりも4万円も安い会社設立パックもご提供。すべてお任せ下さい。

確定申告サービスはこちら法人成りサービスはこちら

会計ソフトに関してこんな悩みありませんか?Macに対応した会計ソフトがない!ハードディスクがクラッシュし、入力した会計データがすべて消えた!どの勘定科目を使えば良いかよくわからず、その度に税理士やネットで調べている。通販のため銀行に入金される売上代金は毎月、数百件。入力に大変な時間がかかる。会計ソフトがバージョンアップするたびにお金がかかるのが気に入らない。

これらの悩みを一気に解決するのがクラウド会計です。クラウド会計とは、従来型のダウンロード型ソフト(弥生会計、会計王など)ではなく、クラウド型会計サービス(マネーフォワード、Free、Crewなど)のことです。

クラウド会計ソフトの大きな特長は、特定のパソコンなどに会計ソフトをインストールする必要がなく、インターネットに接続できる環境であれば、パソコン、スマホなどデバイスも時間も場所も選ばず、作業を行うことができる点です。

その1特定のパソコン(Windows)にインストールする必要がありません。

Windowsはもちろん、Macやタブレットでも利用できます。
従来のようにインストールしたパソコンでしか使えないという制限がありません。
クラウド会計ソフトの多くは法令改正にも無料対応(アップデート)するので、従来の会計ソフトように、税制が変わるたび(消費税の増税など)にソフトを買い替える必要がありません。

その2いつでもどこでも入力、閲覧ができます!

インターネット接続環境さえあれば作業の場所を選びません。
ご自宅のパソコンで入力した結果を事務所のパソコンで閲覧できます。
従業員が事務所で入力した結果を出張先のホテルで閲覧することもできます。

その3万全のセキュリティでデータ保管も安心!

従来のダウンロード型では、データのバックアップは不可欠でしたが、クラウドバックアップなので、パソコンにはデータの保存の必要がありません。
パソコンの破損や紛失でも安心。もちろん大地震のような災害が起きても大丈夫です。

その4簿記の知識が必要ありません!

多くのクラウド会計ソフトでは「科目連想機能」と「学習機能」が備わっています。
入力した文字からソフトが科目名を自動的に推測して表示してくれます。たとえば「ガス」という単語を入力すれば、ガス代に間違いないから「水道光熱費」という科目を自動で推測してくれます。
過去の入力履歴から科目の候補を判断してくれます。使えば使うほど賢くなるソフトです。

その5複数のパソコンで利用が可能です!

データはクラウド上にありますので、複数名で同じ情報を共有できます。
権限設定も可能なので、入力作業の分担もできます。
例えば、複数の飲食店舗を運営するような場合、それぞれの店舗で売上や仕入れなどの情報を入力すれば、本部にいながらリアルタイムで業績を管理することもできます。

その6銀行口座やクレジットカード明細からデータを自動読込み!

大半の銀行や信用金庫、クレジットカード、nanakoやモバイルsuicaではcsvで利用履歴をダウンロードできます。クラウド会計ソフトは、そのデータを読み込み取引に対応する勘定科目を提案、一度確定した内容は次回から自動で学習します。
この機能を利用すれば、どれだけ膨大な取引量があっても一瞬で作業は完了。

設立1~3年目向け特別会計パック

無料 電話相談・お見積り

会社設立・創業融資・税務・経理代行・決算などご相談に乗ります!
お気軽にご連絡ください。

フリーダイアル0120-987-956通話無料 受付9:30~18:00(土日祝除く)

お問合せ・お見積りはこちら

pagetop

お客様の声

創業期の経営者1,600名をサポートしてきた当センター。実際に利用してどうだったのか?お客様の本音に迫ります。

詳しくはこちら

初めての税理士選び

失敗しない税理士の選び方とは?あなたにピッタリの税理士の探し方を公開します。

詳しくはこちら

都心で設立をお考えの方に

千代田区・港区・中央区・新宿区など都心部で設立をお考えの創業社長へのメッセージです。

詳しくはこちら

5年後に10億円を目指す経営者向けお役立ちメディア週刊うめがわ総研読者数  3000人突破!あの有名社長も読んでいるメルマガ購読創業期の社長必見。創業期特有の課題に特化して解決法を伝授!最新セミナー情報