起業・会社設立時から創業3年未満の社長を徹底サポート。会社設立・創業融資・助成金・税務相談・経理代行・記帳代行・決算対策をトータルで提供する、それが千代田区会社設立&開業相談センターです。

株式会社と合同会社の違い

株式会社と合同会社の違いは、 主に以下の6つです。

  • (1)設立費用
  • (2)信用性
  • (3)会社の所有者と経営者
  • (4)出資者への損益分配の柔軟性
  • (5)計算書類の公告

では詳しく見ていきましょう。

(1)設立費用

株式会社は約20万3,000円、これに対して合同会社は6万円程度。その差14万円です。株式会社の設立メリットがこの差額以上なければ、合同会社で設立するのが望ましい、ということになります。

設立費用の内訳

項目 株式会社 合同会社
登録免許税 15万円 6万円
定款認証代 約5万3,000円 不要
合計 約20万3,000円 6万円

(2)信頼性

合同会社は認知度が低く圧倒的少数派。そのため、企業間取引において不安視されれることも少なくありません。また金融機関からの信用度は「低い」のが実態です。この点で考えてみると「株式会社」での設立が適しています。

(3)会社の所有者と経営者

株式会社の所有者は「株主」です。

「経営者」は取締役等の会社役員です。重要なことは所有者である株主が決定し、それに沿って役員が業務を執行する、これが株式会社の構図です。

合同会社では、「所有者=経営者」となります。 株主総会等の煩雑な手続きを経ることなく、迅速な意思決定をすることが可能です。

ただし、株主が数名しかおらず、株主が役員を兼任しているような株式会社においては、ほぼ相違点はありません。

合同会社の「所有者=経営者」とは、将来的にもこの形態が維持されるので、出資者が経営から離脱しようとお考えの場合は「株式会社」が適していると言えます。

(4)出資者への損益分配の柔軟性

会社に利益が出た場合、株式会社は株主の「出資の割合」によって、配当を行いますが、合同会社では出資額にかかわらず、出資者ごとに配当の割合を決めておくことができます。

(5)計算書類の公告

株式会社は、「計算書類の公告」が義務付けられていますが、合同会社にはそのような義務はありません。したがって、公告に関する費用の削減につながります。

合同会社が向いているケースとは

合同会社は、設立費用を抑えて設立したい場合に適しています。

その他、会社名を表に出さず、屋号で営業を展開するような飲食店で、将来的に出資者や役員を増やす予定がない場合は、合同会社でも構わない、という判断がなることが想定されます。

なお、費用はかかりますが、将来的に合同会社から株式会社に移行することは可能です。

無料 電話相談・お見積り

会社設立・創業融資・税務・経理代行・決算などご相談に乗ります!
お気軽にご連絡ください。

フリーダイアル0120-987-956通話無料 受付9:30~18:00(土日祝除く)

お問合せ・お見積りはこちら

pagetop

お客様の声

創業期の経営者1,600名をサポートしてきた当センター。実際に利用してどうだったのか?お客様の本音に迫ります。

詳しくはこちら

初めての税理士選び

失敗しない税理士の選び方とは?あなたにピッタリの税理士の探し方を公開します。

詳しくはこちら

都心で設立をお考えの方に

千代田区・港区・中央区・新宿区など都心部で設立をお考えの創業社長へのメッセージです。

詳しくはこちら

5年後に10億円を目指す経営者向けお役立ちメディア週刊うめがわ総研読者数  3000人突破!あの有名社長も読んでいるメルマガ購読創業期の社長必見。創業期特有の課題に特化して解決法を伝授!最新セミナー情報